ramuneyo-top
飛騨の山々に囲まれた工房から木の生活道具をお届けします
  ラオスヒノキとは?

  ヒノキは油分が多いことが特徴で、火をおこす木として昔から知られ、

  その名前の由来も火の木といわれたことに由来しています。

  ラオスヒノキは日本のヒノキに比べ、油分が多く、水に強いため食器に適しています。

  国産のヒノキではなかなか揃いにくい細かな木目が多く含まれていることが特徴で、

  その杢の細かさは木曾桧(きそひのき)に匹敵する物もあります。

  また、国内産に比べて赤みが強く、木目に独特の光沢があるのも特徴です。